>

2種類の方法

企業へ依頼した場合の相場

ここでは企業への動画制作を依頼した場合の相場についてご説明いたします。

まず企業への動画制作を依頼した場合、5万円から80万円程度の費用がかかってきてしまいます。動画制作に必要な項目としては「企画や構成について」、「ディレクション」、「台本作成」、「撮影」、「編集」、「音響効果」、「ナレーション」が必要になります。こうした項目を進めるにあたってはスタッフが必要になります。動画制作に関係するスタッフはプロヂューサーやディレクター、作家、カメラマン、編集スタッフ、アシスタント、ナレーターなどになります。
これらの項目やスタッフの人件費などで企業への動画制作金額は高くなります。

また動画の種類別での料金の平均はインタビューの撮影で5万円から、テレビCMの制作で80万円からになります。

個人へ依頼した場合の相場

企業への動画制作を依頼した場合の総額は5万円から80万円程度の金額がかかることになります。では個人への動画制作を依頼した場合の金額についてここではご説明いたします。
個人へ動画制作を依頼した場合には基本的には5万円から10万円程度になります。その額は企業と比較すると大きく差があり100万円を超えることはほぼありません。

ここまで金額に差が出る具体的な理由としては撮影のみなどの特定した仕事などだけを行っている場合や、駆け出しの方が実績を積むために低価格で提供していることなどがあげられます。

こうした理由から個人へ動画制作を依頼した場合には完成までの全工程を依頼するのではなく各工程ごとに仕事を依頼するというスタイルが多く、この各工程のそれぞれが5万円から10万円程度ということになります。


この記事をシェアする