それぞれの料金

動画制作の依頼には「企業に制作依頼をする方法」と「個人クリエイターに依頼をする方法」の2種類の方法があります。

動画制作の依頼には「企業に制作依頼をする方法」と「個人クリエイターに依頼をする方法」では料金の金額の差が生じてきます。まず「企業に制作依頼をする場合」には安くて5万円程度から80万円程度の金額になります。
「個人クリエイターに依頼をする場合」には企業に制作依頼をする料金の半額程度になります。
また企業の動画制作費用の平均の金額は20万円になります。

企業に制作依頼をするとこれほどの料金がかかる理由として1本の動画制作に関わる人の人数が多いためです。企業に制作依頼をする動画はセミナー用の動画など長編動画になります。そのため、動画制作に関わる人数が多くなることに加えて制作工程も多くなります。
そのためこれほどの金額がかかってきてしまいます。
個人クリエイターに動画制作を依頼する場合は企業へ動画制作を依頼した場合の額より費用を安く抑えることが可能になります。個人クリエイターの場合にはさまざまな工程を1人で行っており、外注費用もかかることなく安く抑えることができます。また個人クリエイターに動画制作を依頼した場合には料金面のほかに納期に関しても企業に依頼した場合よりも個人クリエイターは早い納品になります。個人クリエイターは依頼動画の制作の取り掛かりが早く、工程が少ないので納品が早くなります。

今回はこうした動画制作を依頼した場合の金額面やメリットについて詳しくご説明さしていただきます。

2種類の方法

ここでは企業への動画制作を依頼した場合の相場、そして個人へ動画制作を依頼した場合の相場についてご説明いたします。 企業へ動画制作を依頼した場合の相場は5万円から80万円程度、個人へ動画制作を依頼した場合の相場は5万円から10万円程度になります。

豊富なメリット

ここでは個人への動画制作を依頼した場合のメリットについてご説明いたします。 個人への動画制作を依頼すると企業よりも安く、高いクリエイターと出会えることやお手頃な料金で質の高い動画を制作していただけるなどのメリットが生じます。 これらのメリットを詳しくご説明いたします。

3種類の選び方について

個人への動画制作を依頼する場合にはさまざまなメリットが生じます。しかし個人への動画制作を依頼しようとした場合に数多くの動画制作を行っているフリーランスの方が存在し誰に依頼したら良いか分からない方もいらっしゃると思います。 ここではそうした依頼をするにあたっての選び方についてご説明いたします。